ジェネリック医薬品とは | カンジダなどの病気ならニゾラールクリームで解決!
ペンとメモと薬

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品と聞いて新薬と同じ効能でありながら安価で利用出来る医薬品ね。と、ジェネリック医薬品がいまいちわかってないという人も、「安く買える医薬品」という認識はある人もいると思います。でも、実際にはそれだけの存在ではないのをご存知ですか?

新薬というのは先発医薬品といわれています。それに対してジェネリック医薬品というのが後発医薬品といいます。つまり最初に作るのが新薬、ジェネリック医薬品は後から作るという違いがあるのです。後から作るということは、既に前例があるので簡単に作ることが出来ます。実際、新薬というのは何もないところから作るために、さまざまな研究や試験を9~17年という期間と500億円という費用を使っておこなっています。それに対しジェネリック医薬品は3年と1億円で済むのです。
そのため売値安くして売れるわけですね。

しかし、メリットはそれだけではありません。薬が大きすぎてのどにつっかえる、苦くて飲むと泣きそうになる、という経験のある人もいると思います。これらは特にお年寄りや子供にとっては大きな問題だといえます。しかし、ジェネリック医薬品は大きすぎるのなら小さくして、苦いのなら甘くするなどの変化を加えて販売出来るのです。もちろん効能に変わりはありません。